勤怠管理システムを選定する場合、勤怠データの連携先である給与計算システムとの連携性(相性)を気にされることがあるかもしれません。

しかし、その心配はほとんど無用です。

給与計算システムが勤怠データをCSVで取りこみ可能であれば対応が可能です。(ほとんどの製品で可能です)

理由は、以下の通りです。

・勤怠と給与のシステム連携にはCSVが一般的

・データの連携頻度は月1回(なのでCSVで十分)

・給与システム用のCSVは勤怠システム側で生成可能

既に入っている給与計算システムに縛られることなく、自社に合った勤怠管理システムを選んでくださいね。