勤怠管理システムの導入で、人事担当者が感じる不安についてお伝えします。

・自社に合うシステムが選べているか?
・初期設定や運用ができるのか?
・現場の従業員に受け入れられるのか?
・システムの利用で業務が改善できるのか?

不安が残る状態で勤怠管理システムの導入を進めると、その不安がシステムの導入負荷をより大きくしてしまうことがあります。

不安をゼロにすることは難しいですが、適切な情報により、不安を減少させることは可能です。

また、不安をリスクとしてとらえ、そのリスクを減少させる施策もあります

 

現場の従業員に受け入れられるか?

という不安は人事担当者ではどうすることもできません。

従業員の視線で使いやすいシステムを選定することはもちろんですが、現場の従業員に影響力がある方に、勤怠管理システムを一緒に選んでもらうことで、システム運用時に、強力な協力者となってもらえる可能性が高くなります。

 

自社に合うシステムが選べているかどうか?

という不安は、もっと良い製品があるのではないか?と考えてしまうと腐食することは難しくなります。

自社に合うシステムとは、一般的に良いとされる製品ではなく、自社の課題を解決できる製品です。

課題解決に向けて、掛けられるコスト(時間やお金など)と手間を考え、最適だと判断できる製品が自社に合うシステムです。

 

システムの利用で業務が改善できるのか?

という不安に対しては、導入直後では改善が見込めないが、細かい調整を繰り返すことで、業務は改善していきます。

業務改善の結果をシステム稼働直後ではなく、システム稼働から1年間という時間軸でとらえることで改善効果を実感できる可能性が飛躍的に上がります。

 

情報により、不安を腐食したり、和らげたり、リスクとしてとらえ対策したりすることができます。

弊社のWebにも、失敗事例等を掲載していますので、情報の一つとして、参考にしてみてくださいね。