最近、勤怠管理システムの機能的な面でお問合せいただく事が増えてきましたので、製品の機能差についてお伝えします。

以前のコラムでは、

一定レベルを超えた製品では、

勤怠管理における機能的な差はなく、

比較表を作成しても殆ど対応可となり、

製品比較にならない

旨をお伝えしていました。

 

昨今の勤怠管理システム需要増加にともない一定レベルに満たない製品が増えています。

該当する製品では、勤怠管理に必要な機能が実装されていないことがある為、製品の機能に雲泥の差があります。

 

自社で設定を実施していて、機能的に不足を感じた場合には、「一定レベルに満たない」ことを疑ってください。

製品の機能を全て活用しても、勤怠管理の定型業務に手作業が残ってしまうことが考えられます。

他分野でメジャーなブランドでも、勤怠管理の機能は、まだまだこれからということもありますので注意が必要です。

 

現状の製品を使い続けるべきか、入れ替えるべきか、迷う場合には、個別にご連絡くださいね。

状況をヒアリングできれば、ある程度の判断はつきますので。