最近あまり書いていなかったメーカーの視点から勤怠管理システムの差別化についてお伝えしたいと思います。

 

勤怠管理システムにおいて時間集計や休暇管理といった基本機能は、ほとんどの製品に実装されており、差別化が難しくなっています。

機能での差別化を図ろうとすると、一般の会社ではあまり利用しない特殊な機能による部分か、勤怠管理以外の周辺機能により、優位性を出すしかない状況です。

 

勤怠管理システムで他の製品と差別化しようとすると、

・価格で差別化する

・サポート内容で差別化する

のどちらかになります。

 

サポート内容(作業代行等)を充実させるには、コストがかかりますので、必然と以下の関係となります。

価格を安価にすると、サポートは限られたものとなり、

サポートを充実させると、価格は高価となります。

 

このような状況ですので、価格とサポート内容のバランスが自社に合った製品を選定することが望ましいと考えられます。

市場には勤怠管理の基本機能が足りない製品も多くあり注意が必要ですが、一定レベル以上の製品比較では、機能面よりもサポート内容と価格がポイントになっています。

自社に必要なサポート内容がイメージできると、製品を選定しやすくなりますよ。