勤怠管理システムを導入して運用を開始するには、かなりの負荷と工数が必要となります。

 

経営層の理解と予算化

業務内容の抽出とシステムへの反映

現場との調整や説明会の実施 などなど

 

勤怠管理システムを導入しようとする主幹部門に迷いがあると、途中で頓挫してしまう可能性が高いのが現状です。

 

負荷と工数をかけてでも「解決したい課題」はありますか?

その課題は「システムを導入することで解決」できますか?

 

この質問に即答できる状況にあれば、システム化の効果が期待できます。

 

中途半端なシステム化は、業務効率を悪化させてしまう可能性が高いですので、注意してくださいね。