勤怠管理システムを導入すると業務が効率化できる理由は、システムによりリアルタイム処理が可能になることです。

 

紙やExcelなどの手作業では、勤怠管理の業務が月末に集中します。

各自の出勤簿を回収し、既に受領した申請書の内容を反映し、労働時間の集計や休暇管理を行う為、必要な情報が手元に揃わないと作業ができない為です。

 

勤怠管理システムでは、出退勤時刻の記録の他、申請書の機能があります。

出退勤時刻から労働時間が自動集計され、申請書は承認されると即時に出勤簿に反映されていきます。

月末でないとできなかった作業が、リアルタイムに処理される為、月末の人事担当者の負担は軽減します。

申請後の残業時間など、月末でないと分からなかった情報も日々把握できる為、対策をとることもできるようになります。

 

勤怠管理システムを導入する場合、労働時間の集計や申請書の反映などに手作業を残してしまうと、リアルタイム処理ができなくなり、業務の効率化が難しくなります。

勤怠管理システムの利用方法は、お客様それぞれですが、システム化により業務が効率化できるかどうかは、リアルタイム処理ができるかどうかがポイントになりますよ。