勤怠管理システムを選ぶときは、客観的な視点と主観的な判断がポイントになります。

 

全従業員が使い易いか? 客観的な視点

初期設定ができるか?  主観的な判断

 

客観的な視点

勤怠管理システムは、担当部門だけが利用するのではなく、従業員全員が利用するものです。

利用者の視点で、その製品が使い易いかどうかを検討しておかないと、運用開始後に現場で利用されない、などの問題が発生してしまいます。

従業員から好かれるシステムではないので

 

主観的な判断

勤怠管理システムは、担当部門が主導し導入(初期設定)、運用を行います。

初期設定には、想像以上の負荷がかかる為、担当者がその製品を導入できるかどうか、主観的な判断が必要です。

良い製品であっても使いこなせないと意味がないので

 

この二面性をうまく両立させることが、自社に合った製品を選定するポイントになります。

その製品は、導入できますか? 運用イメージが持てますか?