ベストキンタイ研究所は、勤怠管理システムの相談窓口として、勤怠管理システムの導入相談、製品紹介、導入支援を行っています
FAQs

失敗事例

勤怠管理システムの初期設定ができない(設定作業)

勤怠管理システムの初期設定は想像以上に大変で時間のかかるものです 勤怠管理システムを稼働させるためには、以下のような初期設定が必要となります。 労務管理に関する内容 ・労働時間の集計方法(固定時間制、フレックスタイム制、 …

勤怠管理システムの初期設定ができない(要件定義)

就業規則の情報だけで初期設定はできません 就業規則には書かれていない運用の内容が必要となりますし、明確なルールが必要となります。 紙のタイムカードやExcelでは、詳細なルールが決まっていなくても、なんとなく運用ができて …

試用版を設定したが本番稼働に至らない

勤怠管理システムの導入には、経営者の理解と現場の納得が必要不可欠です 勤怠管理システムの導入検討にあたり、とりあえず試用版を利用してみて検討するケースが多いかと思います。 しかし、その結果、本稼働に至らないケースが多発し …

勤怠管理システムの稼働後に問題が多発する

本稼働前の検証不足、イレギュラー処理に対する想定不足が考えられます 初期設定に加え、事前検証を実施したにもかかわらず、システムの稼働後に問題が多発することがあります。 勤怠管理システムの初期設定が、就業規則を前提にして進 …

部門異動や部署新設で問題が発生する

組織構成や承認経路が複雑化していることが原因です この問題は、主にメーカー設定タイプの製品で生じる可能性が高い問題です。 システムの利用開始時には安定して稼働をしていたが、半年後などの人事異動により、申請書の承認者に問題 …

勤怠管理システムの設定が変更できない

勤怠管理システムは、働き方や状況に合わせて設定を変更していくことが必要です。 勤怠管理システムの運用が中⻑期化すると、その時々の働き方に合わせてシステムの設定変更が必要になるケースが発生します。 クラウドサービスの場合、 …

打刻されない、申請書が提出されない

勤怠管理システムの稼働には、現場の協力が不可欠です システムの稼働後に、現場の協力が得られないケースが多々あります。打刻されない、申請書が提出されない、などがよく発生する問題です。 この課題は、システムの問題というより、 …

従業員の操作ミスが多発する

従業員の操作をなるべくシンプルにすることが必要です 勤怠管理システムの稼働後に、従業員の操作ミスや申請書の提出間違いが多発することがあります。 この原因として、勤怠管理システムの操作が複雑になってしまっていることが考えら …

勤怠管理システムの導入で業務効率が悪化した

初期設定の不備を人事担当者が手作業で補っていませんか? 勤怠管理システムの失敗事例として、よく聞く現象です。 原因は初期設定の不備にあるのですが、その背景はいくつかあります。 設定ができていない 初期設定の不備を人事担当 …

PAGETOP
Copyright © ベストキンタイ研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.