給与計算システムと勤怠管理システムでは、主な利用者が違います。

給与計算システムと同じ選び方をすると失敗するので注意してください。

給与計算システムの利用者は、給与計算を行う担当者のみです。

担当者が使いやすいと思う製品が自社にあった製品となります。

勤怠管理システムの主な利用者は、会社の全従業員です。

勤怠管理システムは、従業員の打刻や申請があって成り立ちます。

従業員はにとって勤怠管理システムの利用は面倒なものです。

従業員が使いやすい製品を選び、負担が少なくなるような初期設定を行うと受け入れられやすくなります。