初期設定の不備を人事担当者が手作業で補っていませんか?

勤怠管理システムの失敗事例として、よく聞く現象です。

原因は初期設定の不備にあるのですが、その背景はいくつかあります。

設定ができていない

初期設定の不備を人事担当者の手作業で補填していると業務効率は悪化します。

発生頻度の高い(毎月発生)定型処理に、人事担当者の手作業を残してはいけません。

定型処理はシステム化できるように、設定を見直す必要があります。

業務プロセスに問題がある

紙のタイムカードやExcelでの業務プロセスを、そのままシステム化したときに発生します。

システム化前の業務プロセスは、手作業に最適化されたものであり、人事担当者に依存しているものです。

勤怠管理システムで業務を効率化するには、システムに最適化された業務プロセスが必要です。

過去のしがらみなどをうまく断ち切り、業務プロセスの見直しを試みてください。