現場の実力者は、最大の敵にもなり、最大の味方にもなります

勤怠管理システムは、概ね現場の従業員から嫌われます。

その際、現場の実力者が先頭に立って嫌うのか、最大の支援者になるかは、勤怠管理システムの導入手順で決まります。

現場の実力者に製品を選んでもらう

勤怠管理システムの導入を進める際は、なるべく早い段階で現場の実力者に相談しておきましょう。

そして、製品を選定する場合の最終判断は、現場の実力者に委ねましょう。

この手順を踏むと、勤怠管理システムは自分で選んだ製品となり、最大の支援者になってもらえると思います。

自分で選んだ製品だから

自分が選んだ製品であれば、勤怠管理システムの導入説明会で一言貰える可能性があります。

自分が選んだ製品であれば、打刻忘れは許しがたい行為になるかもしれません。