勤怠の管理強化と業務効率化が期待できます

勤怠管理システムを導入すると、以下のような効果が期待できます。

管理面の強化

・客観的な時刻の記録方法が多様化できる

・有休休暇、代休、振休などの管理ができる

・労働時間がリアルタイムに把握できる

システムにより労働時間が管理できるため、全社員の働き方を容易に把握できるようになります。

上司も部下の労働時間が容易に分かるようになる為、働き方の改善を求めやすくなります。

業務の効率化

日々、毎月行っている勤怠の業務は定型化されていることが多いと思います。

その定型化された業務はシステムで自動処理できるようになります。

手作業では、月末に提出された出勤簿と申請書を突合しないと分からなかった内容が、システムによりリアルタイムに集計、処理されることで、月の途中で把握することができるようになります。

変わらないこと

勤怠管理システムは、あらかじめ決められたルールに基づき動作します。

ルールが決まっていないものは、システム化することはできません。

判断基準が曖昧であったり、ケースバイケースで処理している業務はシステム化できません。

勤怠管理の業務を見直し定型業務を増やすことで、勤怠管理システムの恩恵を多く得られます。