製品のタイプにより、製品の比較方法は異なります

タイプ別に製品選定のポイントが異なる為、下記を参考にしてください。

自社設定タイプ

体験版を入手し、人事担当者が設定しやすいかどうかを比較してください。

画面やマニュアルなどを確認し、その製品を自社で運用しているイメージが持てるかどうかは重要です。

機能的な差はほとんど生じないと思いますが、特殊な要件は確認しておいた方が良いと思います。

メーカー設定タイプ

メーカーとの打合せ、製品デモを確認し、現場で受け入れられるかどうかを確認してください。

メーカーの雰囲気、担当者と話が合うかどうかなども、意外と重要なポイントとなります。

導入スケジュールや本稼働後のサポート内容も確認すると安心できます。

タイムレコーダータイプ

体験版を入手し、必要な機能があるかどうかで比較してください。

打刻の方法、出力されるデータの形式など、自社の求めることができるかどうかがポイントです。

機能が同等であれば、価格面を重視するのも一つの方法です。