従業員の操作をなるべくシンプルにすることが必要です

勤怠管理システムの稼働後に、従業員の操作ミスや申請書の提出間違いが多発することがあります。

この原因として、勤怠管理システムの操作が複雑になってしまっていることが考えられます。

従業員から嫌われる

勤怠管理システムは、従業員から嫌われる傾向にあります。会社のきまりだから利用しているにすぎません。

複雑な操作やイレギュラー処理を従業員に期待しても、受け入れられることはありません。

運用方法の見直し、設定の変更等により、シンプルに使えるようにしておくことが必要です。

従業員には、毎月起こる発生頻度の高い処理のみを操作させるようにしましょう。

過度な期待はしない

発生頻度が低いイレギュラー処理を人事側で行うようにすると、操作ミスに対する無駄な確認や訂正がなくなります。

勤怠管理システムにおいては、従業員への過度な期待は禁物です。