クラウドの製品であれば問題ありません

テレワークに向けて勤怠管理システムを導入する場合でも、特別な選び方は必要ありません。

クラウドの製品は、会社以外でもインターネットが繋がる環境さえあれば、ほとんどの機能が利用できます

逆に、会社でしか利用できないようにするために、機能を制限することがあるくらいです。

テレワークを意識せず会社に合った製品を

テレワークが勤怠管理システムの導入きっかけとなる場合でも、中長期的に会社で利用できる製品を選ぶことをお勧めします。

授業員が500名以下の会社であれば、クラウドの勤怠管理システムが費用対効果の面でもお勧めです。

テレワークに向けて交通費を実費精算にする為、在宅勤務(出社)の回数をカウントしたいという要望は多くありますが、ほとんどの製品で対応が可能です。(実現方法は各製品により異なります)