勤怠管理に限らずバックオフィース業務のお客様は従業員です。

従業員は、お客様。

勤怠管理システムを使うことで、お客様のメリットは?

お客様にとって価値あることとは?

この感覚が、勤怠管理システムの定着化には必要な考え方です。