運用

運用
勤怠管理の担当者は変更する

勤怠管理システムの入替は、勤怠管理の業務担当者が変更したタイミングで検討、実施されることが多いです。 前任者が導入したシステムを活用できていない 前任者しか分からないシステムになっている 後任者がシステム化のメリットを熟 […]

続きを読む
運用
システムの活用レベルを確認する

勤怠管理システムの活用レベルは、以下の確認により程度判定できます。 1.Excelなどでの手計算がない 毎月の定型業務において、手計算が残っていると業務効率を上げることが難しくなります。 手計算をなくすためには、以下が必 […]

続きを読む
運用
“特になし”を目指した運用を

勤怠管理システムを導入し運用していく過程で、最初の到達点をお伝えします。 「意見がない」は、かなり良い 勤怠管理システムが稼働した後、従業員に意見を聞いたとき、「特になし」という回答が得られれば、かなり良い状態です。 勤 […]

続きを読む
運用
課題を整理できれば

勤怠管理システムは、勤怠管理の業務課題を解決するものです。 業務課題が整理できると、勤怠管理システムも活用できる傾向にありますので、ポイントをお伝えしたいともいます。 1.課題を明確化する 2.課題を細分化する 3.課題 […]

続きを読む
運用
BestkintaiWeb
勤怠管理システムは使いこなすことが重要

勤怠管理システムは、良い製品を選ぶことも必要ですが、それ以上に、導入した製品を使いこなすことが重要です。 どんなに良い製品を選んでも、それを使いこなせないと、業務の効率化など、課題を解決することはできません。 &nbsp […]

続きを読む
運用
BestkintaiWeb
勤怠管理の外部委託はかなり大変

給与計算、社会保険手続きの外部委託は一般化していると思います。   しかし、勤怠管理の外部委託はかなり大変です。 その理由は「厳格なルールによる運用が難しい」という点です。   給与計算、社会保険の手 […]

続きを読む
運用
BestkintaiWeb
勤怠管理システムの活用ステップ

メール配信 200回の節目なので、私が活動している目的、目指すべきものをお伝えしたいと思います。   1.勤怠管理システムを導入すると、 現状が把握できる ようになります。 →勤怠管理のデータ取得   […]

続きを読む
運用
BestkintaiWeb
時間軸を広げて考える重要性

勤怠管理システムは、顕在化した課題を解決する為に導入するという考え方が一般的です。 システム化することで解決できる課題は多くありますので、半分は正解です。   顕在化した課題解決をゴールにせず、 勤怠管理システ […]

続きを読む
運用
BestkintaiWeb
申請書のコメントで管理能力が分かる?

マネジメント能力の高い上司は、申請書のやり取りでも部下への意識付けを行っていますので、その一例を紹介します。 勤怠管理では有給申請や残業申請など、上司と部下でやり取りする機会があります。   例えば、残業申請。 […]

続きを読む
運用
BestkintaiWeb
勤怠管理システムにこそカスタマーサクセスを

クラウドサービスにおいて、カスタマーサクセス(顧客の成功)という言葉をよく聞くようになりました。   勤怠管理システムにおいて、現在公開されている多くのユーザー事例は、以下で構成されていると思います。 ・勤怠管 […]

続きを読む