運用

運用
勤怠管理のシステム化で目指すべきゴールは?

勤怠管理のシステム化プロジェクトでは、初期設定の完了(正確な労働時間が集計できるようになる)をゴールにしていないでしょうか。 初期設定を実施していると、その負荷が予想以上に大きく、設定の完了が非常に遠くに見えてしまいます […]

続きを読む
運用
システムの設定は見直していますか?

勤怠管理システムは導入することがゴールではなく、運用を継続して、業務を効率化していくことに意味があります。 初期設定をしっかりとしておけば、運用を継続することはできると思いますが、よりシステムを活用する為には、設定を変更 […]

続きを読む
運用
「現場への負荷を最小限にする」の意味

勤怠管理システムにおいては、極力現場での負荷を最小限にすることが望ましいです。 稀に「現場への負荷」の捉え方を間違ってしまう方も見受けられましたので、補足できればと思います。 現場への負荷を最小限にするということの真意は […]

続きを読む
運用
成功を目指してはいけない

勤怠管理システムでは、成功を目指してはいけません。 失敗しないように運用を継続することが最適解です。 勤怠管理システムは、管理の強化と業務の効率化が期待できます。 管理の強化と業務の効率化のバランスはそれぞれの環境で最適 […]

続きを読む
運用
従業員への期待値を下げると成功する

「頑張ることが美徳」 という感覚を持っている人もいるかと思いますが、勤怠管理においてはあまり好まれる考え方ではありません。 頑張って残業をするよりも、無理せず定時までに結果を出すほうが評価される時代です。 勤怠管理システ […]

続きを読む
運用
サポートセンター活用の心得

勤怠管理システムの稼働後、メーカーの対応はサポートセンターが中心になるかと思います。サポートセンターから適切な回答を得る為の心得をメーカー視点でまとめてみました。 曖昧な質問には回答しようがない 製品の検討段階においてメ […]

続きを読む
運用
勤怠データの活用方法

勤怠管理システムから得られるデータの活用方法の一例をお伝えしたいと思います。 有給休暇の取得率や、平均残業時間といった情報として、求人情報に活用することは簡単にイメージできると思います。 勤怠データは他のデータを組み合わ […]

続きを読む
運用
グループ会社の勤怠管理システム

グループ会社で、勤怠管理システムを検討する場合、 迷うことがあるかと思います。 以下、検討の参考にしてみてください。 1つのシステム(環境)で運用するのが良いかと思います。 逆に管理部門は、それぞれの会社で完結している場 […]

続きを読む
運用
期待値が高いと失敗する確度も高くなる

勤怠管理システムは、期待値が高いと失敗する確率も高くなる傾向があります。 逆に期待値を意識して下げれば、成功確率は高くなります。 勤怠管理システムの導入を検討する際、 などなど、期待値が高まります。 社内の理解を得る際も […]

続きを読む
初期設定
全体最適と個別最適のバランス

一般的なシステムでは全体最適を実現すべく作られていますが、勤怠管理の場合、現場での働き方が多様化している為、すべての部分で全体最適を実現できない場合があります。 全体最適が難しい場合、システムを利用しても意味がないかとい […]

続きを読む