製品選び

製品選び
勤怠管理システム 製品比較のポイント

このような結果になった場合、それは製品を比較しているわけではなく、製品のタイプ比較になっています。 タイプの比較をすると冒頭の結果となります。 製品を検討する際、最初に自社に合ったタイプを決めることで、適切な製品比較が可 […]

続きを読む
必要性
不安を解決するのは難しい

インターネットの記事で「不安」と「恐怖」の解説を見ていましたら、勤怠管理システムにも同じようなことがあてはまると思いましたので、実体験をもとにお伝えします。 不安は「実体がないから不安」なのであって、実体があるものには恐 […]

続きを読む
製品選び
メーカーが使うの言葉とその解釈

勤怠管理システムの検討時にメーカーが、たまに使う言葉で、解釈が異なるケースをお伝えします。 言葉を素直にとらえてしまうと「こんなはずでは」ということが起こってしまうので、注意してください。 これから期待できる → 今は劣 […]

続きを読む
社内調整
コミュニケーション力と勤怠管理システム

勤怠管理システムの導入では、人事担当者の他、様々な人が関わることになります。 製品を選定する際は、メーカー担当者から説明やデモを受け、質問することにより自社に合うものかどうかを見極める必要があります。 勤怠管理システムの […]

続きを読む
製品選び
システム化を急かされる場合と急かす場合

勤怠管理システムの検討場面では、お客様がシステム導入を急かす場合と、メーカーからシステム導入を急かされる場合があるかと思います。 この2つのケースでは意味が大きく異なりますので、注意喚起の目的も含めお伝えします。 &lt […]

続きを読む
製品選び
相手の立場で考えてみると

ビジネスでは「相手の立場で考えてみる」ということがよく言われています。勤怠管理システムの製品選定において、この格言を応用してみたいと思います。 前回は、経営者と人事担当者での立場を書きましたが、今回は製品を提供する側の立 […]

続きを読む
製品選び
経営者の考え方は製品選びを大きく変える

会社の規模が小さいので、なるべく安価な製品を。 人事担当者は、なるべく費用を抑える為に、ある程度自分が頑張れば何とかなる(何とかしなければいけない)と考えてしまう方が多いと思います。 しかし、経営者はまったく違うことを考 […]

続きを読む
製品選び
法律の規定と勤怠管理システムについて

勤怠管理システムは労働基準法に基づき、労働時間や休暇管理ができるものですが、法律に記載されたすべてのケースに対応できているわけではありません。 労働基準法は労働条件の最低基準を定めている為、従業員有利に変更された内容への […]

続きを読む
製品選び
自社設定とメーカー設定の違いを知る

勤怠管理システムを稼働させるためには、就業規則の反映や申請書の定義、従業員の登録などの初期設定が必要となります。 市場にある製品は、初期設定を自社で行うことが前提となる「自社設定タイプ」とメーカーで行う「メーカー設定タイ […]

続きを読む
製品選び
勤怠管理システムの選定は慎重に

勤怠管理システムは入替が難しいシステムです。 クラウドサービスでの提供が主流になり、価格が安価になっていますので、最初の製品がうまくいかなくても、容易に変更ができるように思えてしまうかもしれません。 給与計算であれば、利 […]

続きを読む