社内調整

社内調整
費用対効果よりも重要な起案のポイント

人事担当者の方が勤怠管理システムの導入を経営者へ起案する際、最大のポイントは費用対効果やリスク管理ではなく、タイミングです。 これを言ってしまうと拍子抜けかもしれませんが、ご自身の評価を落とさない為に念のため。 多くの経 […]

続きを読む
社内調整
システム化を社長に理解してもらう方法

人事担当者は勤怠管理システムの必要性を感じているが、社長にはなかなか理解してもらえない現場を多く見てきました。 今回は、承認を得られない社長から理解を得る為のテクニックをお伝えします。 → 多分、無駄です。 では、どうす […]

続きを読む
社内調整
説明のポイントは立場に異なる

勤怠管理システムの導入は経営者や従業員から敬遠されることが多くあります。 今回はシステム化の説明をする際のポイントをお伝えしたいと思います。 経営者、部課長、社員、同じ説明をしても、なかなか理解されません。立場も違えば、 […]

続きを読む
社内調整
勤怠管理システムの成功要因

勤怠管理システムの導入に失敗してしまうケースが多く散見されますので、システム化の成功要因をお伝えしたいと思います。 システム化の成功 勤怠管理システムの成功とは「業務が効率化すること」に尽きます。 システム化の失敗 失敗 […]

続きを読む
社内調整
タイミングの重要性

勤怠管理システムの導入をスムーズに進めるには、 「熱い思い」と「調整力」と「タイミング」 が重要です。 コストをかけてでもシステムを導入することが会社のためになる。担当者の多くが考えることではないでしょうか。 いざ、勤怠 […]

続きを読む
社内調整
プロジェクト推進の適任者は?

勤怠管理システムの導入を進めるにあたり、プロジェクト推進の適任者を選ぶ基準です。 勤怠管理システムの導入においては を持った人が必要です。 経営者の理解 勤怠管理は会社の利益を生むものではないので、経営者の理解がないと予 […]

続きを読む
社内調整
担当者に必要な調整力

勤怠管理システムの導入には担当者の調整力が不可欠です。 初期設定や動作検証など、担当者のみで完結する内容も一部ありますが、多くのポイントでは調整が必要です。 調整力がある人が勤怠管理システムの導入を担当するとプロジェクト […]

続きを読む
社内調整
理想と現実のギャップ

勤怠管理システムの導入では、どうしても理想を目指してしまいますが、現実を受け入れないと継続的な運用はできません。 勤怠管理システムを利用するのは、従業員全員なので現場の現状を加味して、理想に近づけていくことが必要です。 […]

続きを読む
初期設定
失敗パターンのキーワード

勤怠管理システムの導入において、成功の定義は各社で異なりますが、失敗はある程度パターン化できます。 社内調整ができていない 経営者と現場の理解を得られていないと人事担当者が孤立してしまい、勤怠管理のシステム化に失敗します […]

続きを読む
社内調整
コミュニケーションの重要性

勤怠管理システムの導入は、担当者がコツコツと進める印象があるかと思いますが、コミュニケーションが重要です。 勤怠管理システムの導入には、いろいろな調整が必要となります。 メーカーとの折衝、協力体制の構築、要件定義、社内調 […]

続きを読む