必要性

必要性
その課題、システムで解決できますか?

勤怠管理システムを検討する上で大変重要な問いかけです。 「その課題、システムで解決できますか?」 (1)システムで解決したい課題を明確にしましょう  システムは課題を解決する為に導入するものです。 労働時間の管理ができて […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムを必要としない人

人事担当者でも、勤怠管理システムを必要とする人と必要としない人の違いをお伝えします。 これを仕事だと考えている人は、勤怠管理システムを必要としません。 ただの作業だと考える人は勤怠管理システムを必要とします。 部長と担当 […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムのデメリット

今回は勤怠管理システムのデメリットをお伝えします。 メーカーからの情報や導入事例であまり触れられない内容だと思いますので。 コスト(導入の手間が膨大) 勤怠管理システムは優秀な製品でも初期費用が0円、月額利用料が300円 […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムのメリット

新年のコラムとなりますので、前向きな内容をお伝えします。 勤怠管理システムのメリットです。 業務の標準化 勤怠管理システムの要件定義(どのような設定や動作にするかを決めること)において、業務を見直すことになり、適正化され […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムとタイムレコーダーの違い

2023年最後のテーマは、超基本に立ち返り、 「勤怠管理システムとタイムレコーダーの違い」 をお伝えします。 タイムレコーダーは出勤や退勤の時刻を記録するものです。 勤怠管理システムはタイムレコーダーで記録された時刻から […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムに似て非なるもの

スマホが普及し、クラウドサービスが一般化してきた背景もあり、打刻などによる労働時間を扱うサービスが増えてきています。 上記のサービスはそれぞれ分野(目的)が異なります。 勤怠管理システムは法律に沿った労務管理を目的とした […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムは普通でいい

勤怠管理システムは打刻と申請により労働時間の集計と休暇の管理ができればよい。 至って普通で面白みがないように感じるかもしれませんが、それが勤怠の管理であり、その業務を効率化するのがシステムです。 勤怠管理システムの必要性 […]

続きを読む
必要性
勤怠管理システムの費用対効果

勤怠管理システムの導入を検討する場合、多くの人が費用対効果を検討すると思います。 初期費用は無料、月額費用が1人あたり300円の為、導入に伴う出費はかなり低いように見えます。 しかし、勤怠管理システムを稼働させるためには […]

続きを読む
必要性
システムは課題を解決する為にある

勤怠管理の業務課題を意識できていないと、システムの必要性は分かりません。 意識(顕在化)した課題を解決する手段の一つとして、勤怠管理のシステム化があります。 解決したい課題が明確であればあるほど、システム化の効果も明確に […]

続きを読む
必要性
システム化で作業から解放される

勤怠管理システムを活用すると作業の負担を大きく減らすことができます。 日々の打刻は行動、勤務表への記録は作業です。 申請と承認は依頼と承諾といった行動で、申請の記録や反映は作業です。 記録された時間や休暇の集計、管理も作 […]

続きを読む