その他
勤怠管理システムの検討から運用までの流れ

勤怠管理システムの検討から運用までの全体的な流れをお伝えしていないことに気づきました・・・。 検討から運用までの概要とポイントは以下の通りです。 1. 必要性の検討 勤怠管理における課題は何か? 課題を解決することは会社 […]

続きを読む
必要性
システムは課題を解決する為にある新着!!

勤怠管理の業務課題を意識できていないと、システムの必要性は分かりません。 意識(顕在化)した課題を解決する手段の一つとして、勤怠管理のシステム化があります。 解決したい課題が明確であればあるほど、システム化の効果も明確に […]

続きを読む
初期設定
要件定義のコツ

勤怠管理システムの導入でポイントになる要件定義のコツをお伝えします。 無駄を省く 勤怠管理システムの導入では、現状の業務プロセスをシステムで再現しようとします。 しかし、現状の業務プロセスは紙やExcelでの運用に最適化 […]

続きを読む
社内調整
理想と現実のギャップ

勤怠管理システムの導入では、どうしても理想を目指してしまいますが、現実を受け入れないと継続的な運用はできません。 勤怠管理システムを利用するのは、従業員全員なので現場の現状を加味して、理想に近づけていくことが必要です。 […]

続きを読む
その他
勤怠管理システム 2022年総括と2023年展望

新年最初のコラムとなりますので、今年も、勤怠管理システム2022年の総括と、2023年の展望をお伝えします。 2022年の総括 2022年はコロナ禍で低迷した市場の回復を願っていましたが、勤怠管理システムの相談件数は、昨 […]

続きを読む
製品選び
リスクを取るか、コストを取るか

一般的にリスクとコストは反比例の関係にあります。 勤怠管理システムでは、この公式にあてはまらないことが多くあるので注意が必要です。 多々あります。 リスクとコストは製品で決まるものではなく、導入する企業や担当者の考え方で […]

続きを読む
製品選び
他人の評価はあてにならない

勤怠管理システムは、知り合いの会社が利用しているから、という理由で良い製品だと考えてしまいがちです。 日用品のように日々何度も購入するものではないので、機能や価格などの相場感がなく、製品を選ぶ基準が分からないと思います。 […]

続きを読む
必要性
システム化で作業から解放される

勤怠管理システムを活用すると作業の負担を大きく減らすことができます。 日々の打刻は行動、勤務表への記録は作業です。 申請と承認は依頼と承諾といった行動で、申請の記録や反映は作業です。 記録された時間や休暇の集計、管理も作 […]

続きを読む
製品選び
他人の評価はあてにならない

勤怠管理システムの場合、 「知り合いの会社が利用しているから」 という理由で良い製品だと考えてしまいがちです。 日用品のように日々購入するものではないので、機能や品質、価格などの知識がなく、どのような基準で判断したらいい […]

続きを読む
初期設定
失敗パターンのキーワード

勤怠管理システムの導入において、成功の定義は各社で異なりますが、失敗はある程度パターン化できます。 社内調整ができていない 経営者と現場の理解を得られていないと人事担当者が孤立してしまい、勤怠管理のシステム化に失敗します […]

続きを読む
製品選び
勤怠管理システムは不安との戦い

勤怠管理システムは期待をもって検討を開始しますが、現実味を帯びてくると不安が大きくなります。 適切な情報がない場合には当然ですが、適切な情報があったとしても、勤怠管理システムの導入を担当する人事担当者に生じる不安です。 […]

続きを読む