勤怠管理の改善を進める際、従業員と人事担当者では、立場の違いから見えている世界が違います。

この違いを実感できる例え話を、非常に好意にしていただいている経営者の方からお伺いしましたので、紹介したいと思います。

 

車を運転する人

車を運転しているとき、すれ違う歩行者

道を歩いているとき、すれ違う車

どのように見えますか?

 

人はそれぞれの立場によって、見えている世界が違います

 

この違いを意識することで、勤怠管理の改善や働き方改革は、相手の立場で考えることできると思います。

さて、勤怠管理システムを利用させられる従業員の気持ちは?