2019年4月に施行されました働き方改革関連法の改正への対応は各製品で進んでいます。

有給休暇の取得義務づけ、残業時間の上限規制へのアラート機能などが、勤怠管理システムに実装されています。

 

しかし、お客様が本当に必要とする機能とは何か? という情報は、

今現在、利用者からサポートを通じて各メーカーのサポート窓口に集まってきています。

 

その情報をもとに、本当に必要な機能が、今後のバージョンアップなどで実装されてくると思われます。

クラウドの勤怠管理システムでは、頻繁な機能拡張がされますので、今お使いのサービスでも、その恩恵にあずかれるのではないでしょうか。