勤怠管理システムの選定を行う際、現場の意見を尊重することが重要です。

成功度

 → 社長が(社長の顔色をうかがって)選定した製品

 → 人事担当者の意見を重視して選定した製品

 → 人事担当者が現場の権力者と一緒に選定した製品

 

社長の一存で決定した製品は、人事担当者が扱えるような製品ではないことが散見されます。

頑張って本番運用にこぎつけたとしても、業務が効率化するまでに至るのは稀なケースだと思います。

 

人事担当者の意見を重視して選定する形が一番多いパターンだと思います。

勤怠管理の運用を熟知しており、実際に使えそうな製品が選定されるので、業務も効率化できると考えられます。

 

人事担当者が現場の権力者と共に選定した製品では、上記に加え、現場からの協力が得やすくなります。

システムは早期に定着し、業務の効率化、理想の状態へいち早くたどり着けます。

 

勤怠管理を利用するのは、あくまで現場の従業員です。

主役を間違えないようにしてくださいね。