工場、店舗、ホテル等のお役様が、勤怠管理システムを検討する際、シフト管理をどうするか?
という課題が生じます。

シフトとは勤務予定であり、誰が、いつ、何時から労働を開始するかを決めるものです。

 

シフト管理には、2つの要素があります。

(1)勤務予定を作成する

(2)作成された勤務予定と実績の比較により労働時間を集計する

 

勤怠管理システムに実装されているのは、(2)であり、作成されたシフトを取り込む機能を有している製品がほとんどです。

(1)はシフト作成システムとして、独立した製品が提供されています。
勤怠管理システムに実装されている製品も一部ありますが。

勤務希望を集めたり、必要な人数や資格者の有無、過不足の調整など、アナログ的な要素が必要です。

 

勤怠管理システムを検討する際、シフト作成を切り分けて考えると、検討がしやすくなりますよ。