勤怠管理システムにおいて、標準機能とカスタマイズの切り分けはかなりあいまいです。

 

各製品によって、標準機能とカスタマイズの線引きは異なりますし、対応内容も異なります。

カスタマイズの定義はメーカー毎に異なります。

 

個別対応はカスタマイズ?

就業時間や残業計算のルールは各社異なる → 個別対応?

給与計算に必要な時間計算は、標準機能?

時間帯を細かく分けて集計する(時給算出の為)のはカスタマイズ?

カスタマイズは有償?無償?

・・・・

 

メーカーと話すとき、カスタマイズという言葉を出すのはなるべく避けましょう。

認識の違いが生じやすい言葉、それが「カスタマイズ」です。