店舗や施設がある企業の業務は、

1.シフト(勤務予定)作成

<シフトを元に>

2.勤怠管理(打刻や申請、休暇管理など)

<勤怠管理を元に>

3.給与計算

の流れで進んでいきます。

 

システムを導入する場合は、まったく逆となり、

1.給与計算システムの導入

<給与計算の取込フォーマットに合わせて>

2.勤怠管理システムの導入

<勤怠管理の取込フォーマットに合わせて>

3.シフト作成システムの導入

で進めることが必要です。

 

勤怠管理の周辺システムでは、取り込む側のシステムに合わせて、データを生成することが一般的です。

また、勤怠管理システムの初期設定でも、月次の出力結果から決めていくと、日々管理しなければいけない要素が見えてきます。

 

結果から考える ことで、全体最適に近づけますよ。