Webでの情報取得が一般的になり、勤怠管理システムの製品情報は少し調べれば容易に取得できます。

そんな中、システム選定に必要な情報とは、

情報を整理し、選別する基準

です。

 

機能や価格、各社のビジネスモデルなどにより、勤怠管理システムは、ある程度のカテゴリーに整理することができます。

・自社設定タイプ

・メーカー設定タイプ

・タイムレコーダータイプ

 

タイプの選別は、社風や担当者により異なりますが、下記が基本的な基準になります。

・何を求めるのか?(管理強化・業務効率・その他)

・どの程度コストが容認されるのか?(初期費用の有無)

・担当者の性格(初期設定が可能か)

 

製品の選別基準は、担当者や従業員の感覚が重要になります。

・製品の運用イメージが持てるか?

・設定画面が分かり易いか?

・メーカー担当者との話が合うか?

 

情報の整理できていると、機能や価格の差があまり生じないのが、勤怠管理システムです。

但し、ここまで情報が整理できると、担当者の感覚で判断できるようになりますよ。