業種、業態、規模で、お勧めの製品をよく聞かれるのですが、

お客様とお話できればお答えできます

と回答しています。その背景をお伝えしたいと思います。

 

勤怠管理システムは、業務の課題やシステム化の目的により、お勧めできる製品が異なります。

解決したい課題は?

課題の内容により、システムの必要性が判断できます。

システム化の目的は?

目的により、重要視する機能が異なります。

利便性(性善説)<>管理強化(性悪説)

利便性と管理強化のバランスはお客様により異なり、その内容により設定内容が異なります。

担当者はどんな方?

システムの導入を担当する方の考え方により、お勧めできるサポート内容(初期設定の有無等)は異なります。

 

勤怠管理システムでお勧めできる製品は、お客様の表面的な業種、業態、規模ではなく内面的な課題や目的、担当者の考え方により決まります

お客様にご紹介する製品は、このような考え方で選定しています。

参考になれば幸いです。