今回は、「勤怠管理システム導入のきっかけとは?」です。

私の独自調査になりますが、勤怠管理導入のきっかけには、以下2つの要素が必要です。

1.勤怠管理の担当者が現状の管理方法に課題意識があり、システム導入したいと思っている

2.担当者の思いとは別の外的要因が発生する

現実的には2.の要素が非常に強く、例を挙げると以下になります。

・現システムの老朽化によるリプレイス
・就業規則の変更(フレックス追加、時間有休導入など)
・会社規模の拡大(子会社の統合など)
・上場準備
・労基署対策

リプレイスでは、使用しているシステムが限界に近くなっている場合が多く、新たなものに変更せざるを得ない状況です。

就業規則の変更では、現状集計しているExcelでは対応ができない場合が多く、現実的には新たなシステムを入れざるを得ない状況になっているようです。

会社の規模拡大では、管理範囲広がるケースが多く、複数の異なる集計が急に必要になったり、管理人数が飛躍的に増加するなど、現状では対応が難しい状況に至った場合です。

上場準備の場合、証券会社等から、勤怠管理システムの導入を推奨されたり、労基署対策では、労務管理方法の改善せざるをを得ない状況に追い込まれてしまっています。

少しくどくなってしまいましたが、勤怠管理の導入には、担当者の思いがあり、勤怠を導入せざるを得ない状況が重なった場合に、具現化し、プロジェクトが進んでいるのが現状です。

勤怠管理システムをご検討される方は、外的要因にアンテナを張りつつ、タイミングを計られてはいかがでしょうか。