無駄な作業を効率よくこなしても、それは無駄な作業である。

無駄な作業を止め、必要な業務を厳選する事が最適化へつながる。

必要な業務とは、その結果により何かが変化するものである。

例えば遅刻申請書

その申請書が、理由の報告だけであれば、無駄な作業である。
遅刻を取り消すものであれば、必要な業務である。

例えば残業申請書

その申請書により、残業の必要可否が判断がされ、命令されるものであれば、必要な業務である。
月末にまとめて出されるものであれば、無駄な作業となる。

 

勤怠管理システムが標準で持っている申請機能は、必要な業務であることが多い。

もしカスタマイズしないと今の業務にあわせる事ができないものであれば、無駄な作業となっていないかどうか、疑ってみてはいかがだろうか。