勤怠管理システムを導入するか、見合わせるか、システム化を検討する際に迷ったときに、考えるポイントをお伝えします。

 

勤怠管理システムの場合、全従業員の業務に影響する為、システム導入の負荷はかなり大きなものです。

また、給与が支払われているということは、何らかの形で勤怠管理が実施されています。

既に実施できている勤怠管理の業務に対し、新たなコストをかけてシステム化が必要かどうか、迷われるのは当然です。

 

その際、新たなコストをかけてでも「解決したい課題」があるかどうか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

・勤怠管理の為に多くの時間、多くの人が割かれている。

・勤怠管理の業務が属人化している。

・勤怠管理の適正化が急務である。

 などなど

 

解決したい課題は、各社の状況により異なりますので、システム化の判断基準も、それぞれの会社により異なります。

一般的な情報に流されず、自社にとって必要かどうか、冷静に判断されてみてはいかがでしょうか。

 

勤怠管理の業務で、解決したい課題はありますか?
それは、新たなコストをかけてでも解決すべきものですか?