勤怠管理システムの比較について

導入相談で、お客様が作成された比較表を見せていただく事があるのですが、
毎回、違和感を(この表では比較できないと)感じますので、
製品の比較方法についてお伝えします。

前提知識:勤怠管理システムは3つのタイプに分かれます
  • 自社設定タイプ
  • メーカー設定タイプ
  • タイムレコーダータイプ

タイプの違いについては、何回かお伝えしていますので、今回は省きます。

タイプが異なるものを比較しても、製品の比較にはなりません。
(お客様が作成された比較表の多くが、これを実施しています)

以下は、同じタイプに属する製品の比較方法となります。

★ 勤怠管理システムの機能はほとんど変わりません

発展途上にある分野の製品であれば、製品の機能差は大きく異なるかと
思いますが、勤怠管理システムは機能的に成熟した分野です。

機能を比較しても製品の差は生じません。
(自社に不要な機能の有無で甲乙はつくかもしれませんが)

★客観的な内容よりも主観的な内容で比較する

同じ機能でもその操作方法(使い勝手)は各製品で大きく異なります

使い勝手は、利用する人が主観的に判断するものであり、
客観的な比較はしづらいものになります。

  • 打刻は使いやすいか
  • 申請、承認は使いやすいか
  • 労務管理はしやすいか など

自社設定タイプの場合、初期設定の方法やマニュアルの分かり易さ
理解しやすさなども、比較ポイントになります。

メーカー設定タイプの場合、メーカーとコミュニケーションが
取りやすいかどうか
も、重要な比較ポイントになります。

勤怠管理システムを比較する場合には、上記を参考にしてみてください。
自社に合った製品が見つかると思いますよ。

※勤怠管理システム比較項目表を現在作成中です※

今後、導入相談をお受けいただいた方には、製品比較が容易になるように、
勤怠管理システムの比較項目表を差し上げる予定です(作成出来次第)

また、メルマガパートナーの社労士の方には、専用ページで
ダウンロードできるようにする予定です。ご期待ください。