毎年11月は、過重労働解消キャンペーンが実施されています。

その結果は、翌年の3月頃に発表されますが、相談ダイヤルの結果が2017年11月24日に発表されましたので、お伝えします。

「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000144103.html

 

過重労働相談ダイヤルは、過重労働解消キャンペーンに先立ち、10月28日の土曜日に開設されました。

相談件数は367件しかなく、昨年の712件と比べると、約半減した結果となりました。

 

相談ダイヤルの実施日が、昨年は日曜日、今年は土曜日だったことも影響しているのでしょうか???

 

相談内容の内訳では、

長時間労働・過重労働 136件(37.0%)
賃金不払残業     110件(29.9%)
パワハラ         28件(7.6%)

であり、勤怠管理に関係する割合(長時間労働+賃金不払残業)は、67%でした。

 

また、相談者の属性も発表されており、

労働者        200件(54.4%)
労働者の家族     106件(28.8%)
その他          36件(9.8%)

となっています。

昨年対比でこの数字を見たときに、どう解釈するか難しいところです・・・。

 

長時間労働は、以下のパターンに分類されるのではないでしょうか。

 

(A) 長時間労働がほとんどない

(B) 長時間労働が多いが対策を開始している

(C) 長時間労働を継続して黙認している(せざるを得ない)

 

一度、社内を確認してみてはいかがでしょうか?

 

Aだと思っていたが、実態はCだった場合! かなり危険です。

 

現場で長時間労働が現場で黙認されていて、人事が把握できていない状態は、早期対策を行う必要があります。

 

まずは、会社の実態を正確に把握することが重要です!