勤怠管理の方法は、労基法上規定されている内容を大前提に、各社毎に就業規則として規定され、業務フローをもとに運用されています。

労基法上の問題をクリアするレベルではなく、理想の勤怠管理の追求していく場合、これを実施すれば良いということを一概に定義する事はできません。

各社の文化や成長状況、目指す方向性によって、理想は変わりますし、会社で働く従業員の考え方によっても、求められるものが変わります。

何かを追えば、何かが犠牲になる、すべての調和を取ることは困難ですが、会社にとってその時期、そのタイミングにおいて、重要なことを一つ一つ実現することが理想に近づける一歩かと思います。

会社と従業員の価値観が共有でき、お客様から共感いただけ、社会から評価される、これが理想の勤怠管理ではないでしょうか?