勤怠管理システムとは、勤怠管理の業務を全体最適するものです。

勤怠管理システムを導入する事で、全社的な勤怠管理業務は効率化できると期待されます。

 

しかし、

効率化されるのは限られた一部の業務だけ

で、

全社的な業務効率は悪化してしまう

ことがよくあります。

 

従来の紙やExcelによる勤怠管理の運用方法は、各部門の事情に合わせて個別最適されたものです。

その為、その運用を統一することには無理があります。

 

勤怠管理システムの利用は最低限のルールとして、各部門の事情にあった柔軟な運用を行うことが業務の効率化には必要です。

 

勤怠管理システムを利用するという全体最適において

各部門の事情に合わせて運用するという個別最適ができる

 

その為に、必要最小限のルールを設ける こと。

勤怠管理システムで業務を効率化するには必要なポイントです。

 

全体最適だけを進めてしまうと、現場の業務は混乱し、全社的な業務効率は、悪化してしまいますよ。