勤怠管理の目的と勤怠管理システムの目的の違いをお伝えします。

勤怠管理の目的は、労働時間や休暇の取得状況を管理することです。

勤怠管理システムの目的は、勤怠管理の業務を効率化することです。

勤怠管理システムを導入すると、労働時間の管理は適正化されます。

その上で、勤怠管理の業務が効率化できてこそ、勤怠管理をシステム化する理由となります。

勤怠管理システムにより、業務の効率化はイメージできますか?