勤怠管理システムの活用が進むと、今までの常識が徐々に変化していき、手作業の常態には戻れなくなります。

 

勤怠管理を携帯電話に例えて考えてみたいと思います。

紙やExcel等の手作業 → ガラケー

勤怠管理システム → スマホ

 

スマホを持ち始めた当初は、サイズが大きくなり持ち運びが不便であったり、電話をかけている時に違和感を覚えたりしませんでしたか?

スマホに慣れてくると、必要な情報をリアルタイムに取得できますし、通知機能で知らせてくれたりします。
位置情報と連携した地図アプリも便利ですよね。

情報はガラケー用からスマホ用に変化していき、ガラケーではアクセスできないWeb、スマホのアプリを使用することが前提の情報など、環境も変化しています。

 

スマホを活用し始めると、ガラケーに戻すのは考えづらいと思います。

しかし、スマホを使ったことがない方は、ガラケーが前提となった考え方をされているのではないでしょうか。

また、働き方改革関連法の改正など、企業に求められる環境も、勤怠管理システムの利用が前提になりつつあります。

 

ガラケーからスマホ、手作業からシステム化、勤怠管理も利用開始当初の違和感を乗り越え、活用され始めると今までの常識が変わってきます

もちろん、ガラケーが適した方もいらっしゃいますよ。