勤怠管理システムの営業担当者から、別メーカーの製品を勧められたことはありませんか?

メーカーとして一番恐れているのは、システム契約後に、お客様の要件に合わないことが判明することです。

勤怠管理システムのトラブルは関係者全員を不幸にします。

無理な運用で業務が効率化できないお客様

終わりの見えないサポート対応をおこなうメーカー

 

今だからお伝えできますが、メーカーに所属していたころにも、別メーカー製品の検討をお勧めしたこと、

逆に別メーカーから製品名を聞いたとしてお問合せ頂いたこともありました。

ベストキンタイ研究所として独立した後も、勤怠管理システムのメーカー担当者から自社製品では要件を満たせないとして、製品紹介の依頼を受けることもあります。

勤怠管理システムの導入相談の結果、特殊な運用を望まれるお客様の場合、その状況をメーカーに伝え、提案の可否を事前確認することもあります。

 

お客様は、合わない製品を選定してしまうことを恐れますが、

メーカーも、製品が合わないお客様と契約してしまう事を恐れています。

 

勤怠管理システムの選定は非常に重要ですが、100%自社に合った製品はありません。

市販の製品をうまく利用、活用できるように歩み寄ることができると、費用対効果が飛躍的に向上します。

自社に合った勤怠管理システムが見つかることを願っています。

必要な情報はお伝え出来ますので、お気軽にご連絡くださいね。