要件定義

初期設定
無理しても、無理させてもダメ

勤怠管理システムをうまく活用していく為には、無理するのも、無理させるのもよくありません。 無理すると継続ができません 勤怠管理システムの導入において「多少の無理があっても」と考えてはいけません。 導入時の無理は未来の課題 […]

続きを読む
初期設定
勤怠管理システムの要件定義と完成度

前回、勤怠管理システムで業務を改善させるポイントとして、要件定義と完成度ということをお伝えしました。 システムの初期設定を行う場合、要件定義は必要不可欠です。   要件定義とは、業務の内容を洗い出し必要な機能を […]

続きを読む
初期設定
勤怠管理システムで業務は改善する?

結論からお伝えすると、業務課題によって、改善できるケースと改善できないケースがあります。 改善できるケース ○ 定型化された作業量が課題になっている場合 決まったルールでの計算や確認など、ただの作業が面倒くさいと感じてい […]

続きを読む
初期設定
要件定義の難しさ

勤怠管理システムの初期設定を行う上で非常に重要な工程、要件定義について、お伝えします。 要件定義には、業務要件、システム要件の順に定義していくことが必要になります。   業務要件定義 業務要件定義とは、自社に必 […]

続きを読む
初期設定
要件定義により運用性が決まる

勤怠管理システムの設定内容を決める要件定義は重要な工程となります。 勤怠管理の業務内容を洗い出し(業務要件)、勤怠管理システムへの設定内容を決めて(システム要件)いきます。 業務要件からシステム要件に置き換える際に、紙や […]

続きを読む
初期設定
固執しない

勤怠管理システムをうまく導入し活用するポイントは、固執しないことです。   1.今までの業務ルールに固執しない システム化以前の業務はタイムカードやExcelの運用を前提として最適化されていると考えられます。 […]

続きを読む
初期設定
シンプルに考えれば

勤怠管理システムの導入を検討するうえで、今までの管理方法にこだわると、実現が難しい場合があります。 システム化するのに高額な費用がかかったり、システム化を諦めざるを得なくなります。   しかし、現状にとらわれず […]

続きを読む
初期設定
在宅勤務と交通費

在宅勤務が常態化してきたので、通勤手当を実費精算に変更することになった。 事務所への出社回数や在宅勤務の回数を勤怠管理システムでカウントできないか? という相談を立て続けにいただきましたので、一般的な方法をお伝えします。 […]

続きを読む
初期設定
要件定義、初期設定の勘所

勤怠管理システムは、同じ製品でも要件定義、初期設定の内容により、性格が異なるシステムが組みあがります。   業務の効率化 << >> 管理の強化 業務を効率化していくと管理が緩くなる。 管理を強化していくと業務 […]

続きを読む
初期設定
60点の製品で90点を取る

勤怠管理システムに総合的な点数をつけると、100点満点の製品はありません。   機能、価格、サポート、運用性などを考慮すると、大体どの製品も60点ぐらいになります。 (あくまで個人的な見解です) 機能、サポート […]

続きを読む