勤怠管理システムにおいて、時刻の記録方法(打刻)は多様化され、新しい方法が次々と出されています。

労働時間の管理方法は、時代に合わせて変化し、告知や抑止の方法は進化しています。

 

しかし、記録された時刻をもとに労働時間を計算することは変わりません。

労働時間から給与計算することも変わりません。

 

勤怠管理システムの機能は進化しますが、本質は変わりません。

 

機能に振り回されず、本質を大事にすれば、勤怠管理システムをシンプルに考えることができますよ。