一般的なITシステムと勤怠管理システムとでは、その期待値が異なります。

 

一般的なシステムでは、できなかったことをできるようにする、ゼロをプラスにするイメージです。

勤怠管理システムでは、業務上の問題点、課題点を解消する、マイナスをゼロにするイメージとなります。

 

勤怠管理システムを導入しても、業務上できることが増えるわけではありません。今まで不便に感じていたことが解消されるだけです。

その為、今の業務に不便(課題や問題)を感じていないと、勤怠管理システムの導入効果を実感ことはできません。

 

勤怠管理システムの導入では、

・マイナスをゼロにできたら成功

・マイナスを減らせるのが普通

・マイナスが大きくなってしまうと失敗

といったイメージが期待値となります。

 

働き方の多様化(管理の煩雑化)により、業務上のマイナスは日々増えていきます。

そのマイナスをゼロに近づけ続けるような運用ができれば、勤怠管理システムが活用できている状態ではないでしょうか。

 

勤怠管理システムの導入により、できることが増えるわけではありません。

過度な期待は禁物ですよ。