勤怠管理

必要性
BestkintaiWeb
勤怠管理の環境変化とシステムの利便性

勤怠管理システムの活用が進むと、今までの常識が徐々に変化していき、手作業の常態には戻れなくなります。   勤怠管理を携帯電話に例えて考えてみたいと思います。 紙やExcel等の手作業 → ガラケー 勤怠管理シス […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
勤怠管理システムが普通の時代に

勤怠管理システムを利用して業務を効率化しましょう。 最近、よく聞く言葉だと思います。   1分単位での労働時間集計 役職や部門により異なる時間集計ルールの併用 有給休暇の日数・時間管理 打刻忘れの日々確認 残業 […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
勤怠管理システムが導入されるとき

久しぶりに、勤怠管理システムの営業時代を思い出して、メーカーの営業視点でお伝えしたいと思います。   勤怠管理システムの導入が決まるポイントは、 ・お客様の 会社に利益 が生じる ・人事の ご担当者に利益 が生 […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
振替休暇時の割増賃金を忘れていませんか?

休日勤務が必要になった場合、休日の振替処理を行っている会社は多いと思います。   休日の振替先は、同一週内にできていますか?   1週間の法定労働時間は40時間(特例措置対象事業場は44時間)と決めら […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
勤怠管理システムで自己申告制

勤怠管理システムを利用して、自己申告制の運用を前提にご検討されている企業様がいらっしゃいます。   これ、おすすめできません。   かなり前の勤怠管理システムでは、自己申告による時刻の記録を前提にシス […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
勤怠管理システムの普及

日々、勤怠管理システムの導入相談をお受けしていて最近感じることをお伝えします。   中小企業における勤怠管理システムの普及をイノベーター理論で説明しますと、 働き方改革関連法の改正で、キャズムを越えたのではない […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
目的の違い

勤怠管理の目的と勤怠管理システムの目的の違いをお伝えします。 勤怠管理の目的は、労働時間や休暇の取得状況を管理することです。 勤怠管理システムの目的は、勤怠管理の業務を効率化することです。 勤怠管理システムを導入すると、 […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
変わるもの、変わらないもの

勤怠管理システムにおいて、時刻の記録方法(打刻)は多様化され、新しい方法が次々と出されています。 労働時間の管理方法は、時代に合わせて変化し、告知や抑止の方法は進化しています。   しかし、記録された時刻をもと […]

続きを読む
必要性
BestkintaiWeb
時間外労働の上限規制でシステムの設定変更は必須!

働き方改革関連法の改正により、4月から残業の上限が規制されます。 それに伴い、時間外労働時間の算出項目を新たに設定する必要がありますので、お伝えしたいと思います。   2019年3月迄の時間外労働の合計時間算出 […]

続きを読む
その他
BestkintaiWeb
勤怠管理を「ことわざ」であらわしてみる

勤怠管理に関することを「ことわざ」で表してみました。 立場等により、さまざまな解釈があると思いますので、あしからずご了承ください。   勤怠管理の改善 → 触らぬ神に祟りなし 労働時間計算と残業代 → 知らぬが […]

続きを読む