従業員は少なからず仕事に対する不平や不満を持っています。合わせてこうしたら良くなるだろうという改善案も考えている事も多くあります。しかしながら、その改善案を伝えるすべがなく、自分の中にしまいこんでしまっています。

経営者は、なぜ提案してこないんだろう?上司に相談すれば良いのでは?と考えがちですが、相談しにくい雰囲気があったり、一度は言ってみたが相手にされなかった、などの経験により、諦めてしまっているケースがほとんどです。

会社のサポート(ルールと仕組み)により、改善案を受け入れる体制を整えてあげる事で、その意見を顕在化させることができます。

しかし、会社としては、その改善案が採用できるものでないと困ります。意見を採用する条件をあらかじめ決めておき、その形に合わせた提案を受けることで、公平性が保たれ、その提案をした社員のモチベーションは向上します。そして、職場が改善され、生産性は向上します。

その具体的な方法は・・・セミナーで公開します。